ホットヨガとスタジオの基礎知識

○ヨガから進化した体に優しいホットヨガを始めよう

最近注目を浴びている「ホットヨガ」をご存知ですか?
ホットヨガは、スタジオの中の室温を約39度、湿度を60%以上にして行うヨガです。体温よりも温かい室温にすると筋肉が柔らかく伸びるので、体に負担をかけないエクササイズができるようになります。つまり、普段体が硬くて、うまく曲げられなかったり痛かったりする場合でも、スムーズに体が曲がり、筋肉痛になるリスクも少なくなります。

このホットヨガを行う環境は、各スタジオでいろいろな設備を導入してオリジナリティを出しています。室内環境をヒーターや加湿器で整えるスタイルですが、最近はヨガと遠赤外線の相乗効果で代謝を上げて大量の発汗を促すマグマ(溶岩)ヨガを採用しているスタジオが増えてきました。温度管理をするため必然的に閉じられた空間で行うエクササイズになるため、消臭対策や清掃体制などの衛生管理が気になりますよね。
ホットヨガ・スタジオを選ぶときには、衛生管理面の対応がどうなっているかもチェックポイントに1つになります。

TOPへ戻る